邦画一覧

PERFECT DAYS

ドイツの映画監督ヴィム・ヴェンダースと日本の俳優役所広司がコラボレーションして、東京・渋谷の公共トイレを舞台にしたヒューマンドラマ。

正欲

朝井リョウの柴田錬三郎賞受賞小説が、稲垣吾郎と新垣結衣主演で映画化され、さまざまな背景を持つ人々の姿を描く。

OUT

品川ヒロシ監督による「ドロップ」の主要キャラクター、井口達也の青年時代を描く実録不良漫画「OUT」が実写映画化され、青春アクションとして登場。

北野武が監督・脚本し、30年の構想を経て自身の小説を原作にした「本能寺の変」を描く壮大な戦国時代劇映画。

ゴジラ−1.0

日本で製作された実写ゴジラ映画の70周年記念かつ30作目で、『ALWAYS 三丁目の夕日』や『STAND BY ME ドラえもん』の山崎貴が監督・脚本・VFXを務める新作です。

アナログ

ビートたけしが執筆した初の恋愛小説「アナログ」が、二宮和也と波瑠の共演により映画化され、デジタル時代におけるアナログな恋愛を描く。