サスペンス一覧

水曜日が消えた

「星ガ丘ワンダーランド」などの中村倫也が「映像作家100人2019」に選出された吉野耕平監督と組み、曜日ごとに入れ替わる7つの人格を持った男を演じたサスペンス。

仮面病棟

現役医師で作家の知念実希人のミステリー小説を、木村ひさし監督が坂口健太郎と永野芽郁の共演で実写映画化。

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

恋人がスマートフォンを落としたのを契機に過去を暴かれ命を狙われるミステリー、北川景子主演でヒットした「スマホを落としただけなのに」の続編。

凪待ち

バイオレンス描写と人間ドラマに定評のある「孤狼の血」などの白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えて描くヒューマンサスペンス。

AI崩壊

「22年目の告白 私が殺人犯です」の入江悠監督が自身のオリジナル脚本で、AIを題材に完全オリジナルの脚本で描く近未来サスペンス。

シグナル100

原作・宮月新、作画・近藤しぐれによる同名コミック、教師に「自殺催眠」をかけられた36人の高校生が繰り広げるデスゲームを描いた学園サバイバルを橋本環奈主演で実写映画化。

カイジ ファイナルゲーム

シリーズ累計発行部数2100万部を超える福本伸行のベストセラーコミック「カイジ」を、藤原竜也主演で実写映画化したシリーズの第3弾にして最終章。

楽園

「悪人」「怒り」などの作品で知られるベストセラー作家・吉田修一の短編集「犯罪小説集」を、「64 ロクヨン」の瀬々敬久による監督・脚本で映画化したサスペンス。

見えない目撃者

2011年の韓国映画「ブラインド」を、森淳一監督が吉岡里帆主演でリメイクしたサスペンス。

新聞記者

東京新聞記者・望月衣塑子によるベストセラーを原案に、シム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演を務める社会派サスペンス。

Diner ダイナー

日本冒険小説協会大賞と大藪春彦賞に輝いた平山夢明の小説を、蜷川実花がメガホンを取り、藤原竜也が元殺し屋の天才シェフを演じるサスペンス。

アルキメデスの大戦

第二次世界大戦を数学者の視点で描いた、「週刊ヤングマガジン」連載の三田紀房のコミックを原作に山崎貴監督が実写映画化。

轢き逃げ 最高の最悪な日

俳優・水谷豊が『TAP -THE LAST SHOW-』に続いて監督に挑んだヒューマンドラマ。

映画 賭ケグルイ

河本ほむらと尚村透の大ヒットコミックを原作とするテレビドラマ「賭ケグルイ」の劇場版。

スマホを落としただけなのに

志駕晃の同名ミステリー小説を「リング」の中田秀夫監督が、北川景子の主演で映画化。